付き合っている(いた)彼氏と別れたくないときのおまじないをご紹介します。

  • まだ別れたくない!
  • もっと彼氏に愛されたい。
  • 今付き合ってる彼とずっと一緒にいたい。

というあなたの願いを魔術に託してみましょう。

これは離れかけた恋人をつなぎとめるキャンドルのおまじないの仲間です。
あなたと彼との現在の距離感に応じて使い分けましょう!

彼と別れないためのおまじない

別れないようにするおまじないで結ばれた恋人同士

「彼と喧嘩して、別れると言われた…」
「あの人の気持ちが冷めてきて関係が終わりそう」

そんなとき、まだ終わらせたくない恋人との関係を暖めるこのキャンドルのおまじないが使えます。

用意するもの

  • 赤いキャンドル
  • マッチ
  • えんぴつ
  • カカオパウダー(純ココア)
  • 乾燥バジル(食卓用の瓶入りが便利)
  • ローズオイル(バラのアロマオイル)
  • オーブンシート

やりかた

  1. 赤いキャンドルにマッチで火をつけます。
  2. オーブンシートにえんぴつであなたの名前を書きましょう。
  3. あなたの名前の右下に彼の名前を書きます。
  4. あなたの名前の上に3滴のローズオイルをたらしてください。
  5. 同様に、彼の名前の上に3滴ローズオイルを落とします。
  6. さらに、バジルをひとふり。あなたと彼の名前の上にかけます。
  7. ココアをひとつまみ。二人の名前に振りかけます。
  8. その上にキャンドルをたらして、溶けたロウでそれぞれの名前を覆いましょう。
  9. このおまじないをしている間、彼と仲良くしているところをイメージしていてください。
  10. イメージできたら、オーブンシートを名前を書いた面を内側にして折りたたんで捨てます。(川か海に流すのが魔術的にはベストですが、白い紙に包んでゴミ箱に捨てる方法もあります。捨てるときは「願いを聞き届けてくれてありがとう」という気持ちを込めて。)
未亜

火の取り扱いには十分注意してくださいね! 周りに燃えるものがないところでおこないましょう。オーブンシートは燃えにくいもので!

このおまじないを強力にするコツ

叶うイメージの描き方

魔術の力は、イメージ力。望むことをはっきりと思い描くとおまじないは強力になります。

その描き方ですが、コツは次の3つです。

  1. 何事もなかったかのように仲良くしている二人を思い描く。
  2. 強く願うというよりは、それが自然な、本来あるべき二人の姿だと思い込む。
  3. 過去の思い出にひたらず、もっと愛される未来を想像する。

これが「別れを防いで、今まで以上に愛される」おまじないの効果を発揮させるイメージの描き方です。

未亜

過去や現在より、未来に意識を集中させるのがポイントです!

叶わないNGな方法

反対に、叶わなくなってしまうイメージの仕方もあります。

  • 彼に泣きついて引き留めるなど、感情的すぎるイメージ。
    → むしろ彼を遠ざけてしまいます。
  • 「離れたくない」という気持ちが強すぎるイメージ。
    → 別れるという悲しみに意識が向いてしまっています。
  • 昔を思い出して「あの頃はよかった。戻りたい」と思う。
    → 過去の想いにひたると「それはもう“ない”こと」という絶望感を心に植えつけてしまいます。
  • ずっと思い続ける。
    → おまじないが終わっても強く思い続けることは、結果的に魔術の力を信じていないのと同じです。精霊は信じて“おまかせ”してくれる人の願いしか叶えてくれません

おまじないをかけたら…

おまじないは、かけてからの心の持ち方も大切です。
最大限に魔法の恩恵を受けるための考え方は次のとおりです。

未来に集中する

第一に、あなたが望む未来に集中することが大切です。
「彼とずっと一緒にいる未来」をすでに叶ったものとして受け入れましょう。

現在の関係がうまくいっていなくても…です。
うまくいっている二人の未来に意識を集中していれば、実際にうまくやっていくための方法を精霊が教えてくれるでしょう。

過去のことは忘れてしまいましょう。
忘れるほど、もっと愛される未来が近づいてきます。

おまじないを忘れる

おまじないの効果は、かけたのを忘れる頃に発揮されることが多いものです。
忘れるということは精霊への完全な信頼を意味します。

「叶えたい」と強く思うより、「叶った」という未来を信じる気持ちが大切です。

別れを避けたいという不安な気持ちと一緒に、願いをキャンドルの精に預けてしまいましょう。
そしてすでに願いが叶ったものとして明るく振る舞っていれば、あなたには彼を惹きつける不思議な魅力が宿ります。